お電話050-3535-0940

お電話050-3535-0940

FocusTalk ver.2.0.5 アップデートモジュール

 

アップデートモジュールの詳細

ご注意本アップデートモジュールは、FocusTalk V2向けのモジュールです。
それ以外のバージョンのFocusTalkには適用することができませんのでご注意下さい。

 

FocusTalk V2.0.5アップデートモジュール

ダウンロード – focustalk_update_2_0_5.exe – 3 MB

 

公開日
2006年08月11日
対象製品
FocusTalk V2.0.0以降

FocusTalk V2.0.5リリースノート

【修正内容】

  • Silverlight(*1)における以下の13個のコントロール読み上げに対応しました。
  • Windows Vista環境のメモ帳にて、日本語入力を行い、スペースキーで変換候補を読み上げる際、1回目(変換候補が表示される前の変換)の時に全文を詳細読みしない不具合を修正しました。
  • 「ホットキーを読む」のチェックを外しても、メモ帳のメニューにおける「新規」などのホットキーを読んでしまう不具合を修正しました。
  • 「ホットキーを読む」のチェックを入れても、Office2007のメニューにおける「開く」などのホットキーを読まない不具合を修正しました。
  • "・(中点)"や"「(カギ)"、"」(閉じカギ)"など、1文字読みと全文読みにおいて、読み上げ内容が異なっていた部分を修正しました。
  • その他、細かい不具合修正を行いました。

 
【仕様変更】

  • これまで「記号の読み上げ」及び「連続記号の省略読み」の両方にチェックを 入れても、スペースの省略読みは行っておりませんでしたが、この度のアップ デートにおいて仕様を変更し、省略読みが行われるようにしました。

 

使用許諾

本ソフトウェア使用許諾契約書はこちらです。

 

動作環境

Windows Vista、Windows XP
※上記以外の Windows OS は、未対応OSとなっております。
対応OS以外での動作は、未サポート、未保証となっております。
※日本語版のみの対応となります。

 

本ソフトウェアのインストール方法とバージョンの確認方法

インストール方法
手順1.FocusTalk V2がインストールされているパソコン上に、アップデートモジュールをダウンロードします。
手順2.ファイルは実行形式になっているので、ダウンロードしたファイル「FocusTalk_update_V2.0.5.exe」を選択し実行してください。
手順3.インストーラーが起動し、アップデートが開始されます。
手順4.インストール後、コンピューターの再起動を行ってください。
以上で、インストールは完了です。

 

バージョンの確認方法
手順1.FocusTalk V2 を起動します。
手順2.FocusTalk V2 のメニュー「ヘルプ(H)」-「バージョン情報(A)」を開いてください。
バージョン情報を読み上げますので、「FocusTalk 2.0.5」と読み上げれば、アップデートは完了しています。

 

注意事項

この度のアップデートは、ユーザの皆様からお寄せ頂いた数多くの ご意見を参考とさせて頂きました。
貴重なご意見を頂きましたこと、この場にて心よりお礼申し上げます。
アップデートモジュールの内容につきまして、お気づきの点がございましたら、弊社までフィードバックを頂けますと幸いです。
以下のフォーム、メールアドレスにて受け付けておりますので、些細な事でもお気づきになりましたら、ご連絡下さい。

 

本ソフトウェアへのフィードバック

Skyfish開発チームでは、本製品をご使用いただいた際の皆様からのご意見・ご要望・バグ情報をお待ちしております。
些細な情報でも結構ですので、情報をお寄せください。

 
FocusTalkについてのお問い合わせ入力フォーム