お電話050-3535-0940

お電話050-3535-0940

SkyHelper ver2.0 –Skype支援ソフト–

 

はじめに

SkyHelperは、FocusTalk(スクリーンリーダ)と連携し、Skypeを音声化するとともに、簡単に操作するためのソフトウェアです。
この度公開いたしますver.2.1は、SkyHelperをご愛用頂いた皆様からのご意見・ご要望を、可能な限り反映しております。その中から特に多くのご要望をいただきました「チャット機能」や「ファイル転送機能」の音声化を実現しております。 さらに、Skypeを簡単に操作していただくための便利なショートカットキーの追加や、画面デザインにも改良を加えました。 進化したSkyHelperをご使用いただき、通話、会議、チャット機能などのSkypeの機能を存分にお楽しみください。

SkyHelper メイン画面

SkyHelper連携

 

SkyHelperの特徴

SkyHelperは、Skypeとは別に単独で動作するアプリケーションです。 これにより、Skypeを使用する視覚障害者の方や高齢者の方が、操作・理解が容易に行える独自の画面設計を実現しています。また、Skype本体がバージョンアップすると操作方法や画面構成、読み上げ方が変わることがありますが、SkyHelperを使用することにより、その点を気にすることなく一貫したキー操作を行うことができます。

主な実装機能は以下の通りです。

 

チャット機能、ログ保存機能

単なる、音声化対応にとどまらず、チャットログをコメント単位で移動することが可能で、聞き逃したコメントも簡単に振り返る事が出来ます。 また、チャットのログを保存することもできますので、会話の内容を後から読み返す事ができます。

 

ファイル転送機能

とても便利な機能ですが、意外と知られていないのがこのファイル転送機能です。 ネットワークの設定を行わなくても、メールで送ることが出来ない容量の大きなファイルも、ファイル転送機能を利用すれば、簡単に送ることができます。

 

その他の機能一覧

  • ビデオ通話機能 (別途Webカメラが必要になります)
  • Skype間通話(開始、保留、応答拒否、終了)
  • 会議機能(10人)
  • 便利なショートカットキー(一覧の表示)
  • 発信・着信履歴の表示
  • ログイン状態の変更
  • コンタクトリストの検索、追加
  • コンタクトリスト一覧表示
  • マイアカウントプロフィール編集機能
  • オフラインユーザの非表示機能、SkyHelperからSkypeの起動

※上記以外のSkype ver.3.x/ver.2.x機能はサポートしておりません。

 

対応ver

Skype ver.3.8x以降 / ver.2.x

 

使用許諾

ソフトウェア使用許諾契約書
重要: 本ソフトウェアをご使用になる前に、本使用許諾契約書の条項をよくお読み下さい。
下記の条件にご同意いただけた場合、本ソフトウェアを使用することができます。
下記の条件にご同意いただけない場合、本ソフトウェアを使用するまえに、株式会社スカイフィッシュまでご連絡ください。

第1条 知的所有権
1. お客様は、本使用許諾契約の対象となる弊社で配布するソフトウェア、または、資料(以下、「本ソフトウェア」といいます)を使用することができますが、本ソフトウェアの知的所有権を所有するわけではありません。本ソフトウェアの知的所有権は、株式会社スカイフィッシュ、または、株式会社スカイフィッシュへのソフトウェア供給者が所有しています。

第2条 使用許諾
1. お客様は、本ソフトウェアを譲渡不能かつ非独占的に利用することができます。

第3条 禁止事項
1. お客様は、株式会社スカイフィッシュの同意なしに、本ソフトウェアを複製すること(CD-ROMからハードディスクへの複製、本ソフトウェアを含むアーカイブの作成、ネットワークへの送信などを含む)はできません。バックアップ目的による複製もできません。
2. お客様は、株式会社スカイフィッシュの同意なしに、本ソフトウェアに対する改変、リバースエンジニアリング、逆アセンブル等を行なうことはできません。
3. お客様は、株式会社スカイフィッシュの同意なしに、本ソフトウェアを第三者に使用させることはできません。また、本ソフトウェアを譲渡や転売したり、貸出業務に使用することもできません。

第4条 仕様の変更
1. 株式会社スカイフィッシュは、お客様の事前の許可あるいはお客様への事前の通告なしに、本ソフトウェアの仕様変更を行なう場合があります。

第5条 配布事項
1. お客様は上記免責および禁止事項の内容を承諾する限り、作者に断る事無く、ソースファイルの配布、引用、二次利用を許可します。但し、 本ソフトウェアを改変したものを配布する行為を禁止します。また、配布時には、必ず本文書、全ファイルおよび全ディレクトリを含めなければなりません。

第6条 免責
1. 株式会社スカイフィッシュは、本ソフトウェアの機能がお客様の要求を満たすこと、および誤りのないことを保証するものではありません。
2. 株式会社スカイフィッシュは、本ソフトウェアを使用したことによる直接的、間接的損害について、賠償責任を一切負わないものとします。

 

SkyHelperの便利なショートカットキー一覧

ログイン状態の読み上げ
Lキー
通話ステータスの読み上げ
Sキー
通話相手の読み上げ
Nキー
通話時間の読み上げ
Tキー
オンライン状態コンタクト数読み上げ
Oキー
(ver.2.0)
タスクトレイから出す(SkyHelperの起動)
Ctrl+Shift+F5キー
(ver.2.0)
タスクトレイへ格納
Escキー

 

チャット中

(ver.2.0)
チャットログを上に移動し、読み上げ
Ctrl+Shift+上キー
(ver.2.0)
チャットログを下に移動し、読み上げ
Ctrl+Shift+下キー
(ver.2.0)
発言者と時間を読み上げ
Ctrl+Shift+左キー
(ver.2.0)
メッセージを読み上げ
Ctrl+Shift+右キー

 

着信一覧画面

(ver.2.0)
応答
Alt+PageUp
(ver.2.0)
応答拒否
Alt+PageDown

 

会議中

1人目の会議参加者の名前と会議ステータス読み上げ
1キー
2人目の会議参加者の名前と会議ステータス読み上げ
2キー
3人目の会議参加者の名前と会議ステータス読み上げ
3キー
4人目の会議参加者の名前と会議ステータス読み上げ
4キー
1人目の会議ステータスのみ読み上げ
Ctrl+1
2人目の会議ステータスのみ読み上げ
Ctrl+2
3人目の会議ステータスのみ読み上げ
Ctrl+3
4人目の会議ステータスのみ読み上げ
Ctrl+4
会議参加者数読み上げ
Cキー
会議時間読み上げ
Tキー

 

ご使用の注意

【使用期限】
本ソフトウェアの使用期限は無期限です。
 
【ご使用の注意】

  • FocusTalkが起動した状態のみで動作します。
  • Skypeの構造上、Skypeのユーザ登録画面の読み上げは出来ませんので、付属の「Skypeセットアップ方法」をご参考にしてください。
  • Skypeとの連携の設定について
    SkyHelperは、Skypeと動作連携を取ながら動作するソフトウェアのため、Skypeの仕様 により、お使い頂く前にSkyHelperとの連携を許可して頂く必要がございます。 連携設定の手順につきましましては、ソフトウェアと一緒にインストールされる オンラインマニュアルの「2. Skypeと本ソフトウェアの連携と設定について」を ご覧下さい。
  • 「拡張キーボードナビゲーション」設定について
    Skypeでは、「拡張キーボードナビゲーション」という設定があり、この設定をオンに することで、メニューの読み上げが正しく行われたり、キーボードで操作可能な範囲が 広がります。この設定は、インストール直後の状態ではオフになっておりますので、 Skypeをお使いの際にはこの設定を有効にしていただくことをお勧め致します。
  • 本ソフトウェアはフリーウェアのため、サポート対象外とさせていただきます。 お客様の自己責任の元でご使用下さい。
  • Skype ver.3.x/2.5以上が必要です。
  • 通話用マイクもしくは相当品が必要です。
  • インターネット環境(ブロードバンド接続を推奨)が必要です。
  • FocusTalk製品版、体験版でも動作致します。