お電話050-3535-0940

お電話050-3535-0940

FocusTalk V3 for Braille 3.0.3アップデートモジュール(アルファ版2)

 

アップデートモジュールの詳細

ご注意本アップデートモジュールは、FocusTalk V3 for Braille向けのモジュールです。
それ以外のバージョンのFocusTalkには適用することができませんのでご注意下さい。

 

FocusTalk V3 for Braille 3.0.3(アルファ2)アップデートモジュール

ダウンロード – FocusTalkV3fB_update_3_0_3_alpha2.exe – 4 MB

 

公開日
2010年12月24日
対象製品
FocusTalk V3fB3.0.2以降

 

FocusTalk V3fB3.0.3(アルファ2)リリースノート

【仕様変更】

  • 英語の語句の読み上げについて、複数の設定を可能にしました。
     FocusTalkのメイン画面上、「読み上げ」のタブ内、「英語の読み方」という項目にて設定が可能です。
     ・推測読み
      ⇒従来の読み上げと同じ設定です。極力英語風に読み上げます。
     ・部分スペル読み
      ⇒英単語として認識された語句はそのとおりに読み上げ、それ以外はスペル読み(アルファベット読み)します。
     ・全てスペル読み
      ⇒全ての語句をスペル読み(アルファベット読み)します。
     (特定のアルファベットを単位として読み上げてしまう現象は、こちらの項目に設定することで回避できます。
      例:Aをアンペア、Wをワット)
  • 直前に音声読み上げ、点字出力した内容を辿ることのできるショートカットキーを追加しました。
     ・Ctrl + Shift + PageUpキー:1つ前に読み上げ、点字表示した内容を再読み上げ、再表示します。
     ・Ctrl + Shift + PageDownキー:1つ後に読み上げ、点字表示した内容を再読み上げ、再表示します。
      ※履歴の内容が最新の場合と、最も古い場合、警告音にて終端であることをお知らせします。

【修正内容】

  • アップデートモジュール3.0.2(正式版)につきまして、 ユーザーの皆様よりお寄せ頂きました不具合への対応を行なっております。
  • ユーザー辞書における不具合を修正しました。
  • 自動再生に関する読み上げを修正しました。
  • 6点入力において、同じアルファベットを連続して入力した際の不具合を修正しました。

【制限事項】

  • WordPadにおいて、6点入力が困難な状態となっております。
  • ユーザー辞書において、「゛(濁点)」「゜(反濁点)」を個別で登録することができない状態となっております。
     ※顔文字などを登録される際、ご注意下さい。

 

使用許諾

本ソフトウェア使用許諾契約書はこちらです。

 

動作環境

Windows7(32bit/64bit)
Windows Vista(32bit)
※上記以外の Windows OS は、未対応OSとなっております。
 対応OS以外での動作は、未サポート、未保証となっております。
※日本語版のみの対応となります。

 

本ソフトウェアのインストール方法とバージョンの確認方法

インストール方法
手順1.FocusTalk V3 for Braille がインストールされているパソコン上に、アップデートモジュールをダウンロードします。
手順2.ファイルは実行形式になっているので、ダウンロードしたファイル「FocusTalkV3fB_update_3_0_3_alpha2.exe」を選択し実行してください。
手順3.インストーラーが起動し、アップデートが開始されます。
手順4.インストール後、コンピューターの再起動を行ってください。
以上で、インストールは完了です。

 

バージョンの確認方法
手順1.FocusTalk V3 for Braille を起動します。
手順2.FocusTalk V3 for Braille のメニュー「ヘルプ(H)」-「バージョン情報(A)」を開いてください。
バージョン情報を読み上げますので、「FocusTalk for Braille fB3.0.3alpha2」と読み上げれば、アップデートは完了しています。

 

注意事項

今回公開しましたfB3.0.3のアップデートモジュールは、正式版の公開前のアルファ版となります。
弊社内でも十分テストを行なっておりますが、お客様のご使用環境や操作手順によっては不具合が発生する可能性もございます。
本アップデートモジュールをインストールしたことによる不具合等に関しましてはサポート対象外になりますので、自己責任の範囲においてご使用下さい。
なお、本アップデートモジュールにおいて発生しました不具合につきましては、サポート窓口までご連絡下さい。

 

本ソフトウェアへのフィードバック

Skyfish開発チームでは、本製品をご使用いただいた際の皆様からのご意見・ご要望・バグ情報をお待ちしております。
些細な情報でも結構ですので、情報をお寄せください。

 
FocusTalkについてのお問い合わせ入力フォーム