パワーポイントでプレゼン資料を作るときの小さなコツ「デザイン編」

▼目次

パワーポイントでプレゼン資料を作るときの小さなコツ「デザイン編」

番外編「パワーポイントに音声を追加する」

パワーポイントでプレゼン資料を作るときの小さなコツ「デザイン編」

前回は、パワーポイントでプレゼン資料を作るときの小さなコツ「書式編」を掲載しました。スライドサイズやフォント、配色の指定方法をご紹介しました。前回もデザイン的な要素がありましたが、今回は作成したスライドを直すときのコツをご紹介します。

デザインのコツ①「配置」を活用する

ガイド線を表示したことで、縦や横のずれが、分かりやすくなりました。文字や図、画像の縦横を揃えるだけで、見栄えは格段に整います。「配置」を活用すると簡単にできます。

画像がずれている、画像、文字の間隔バラバラの場合
画像がずれている、画像、文字の間隔バラバラの場合の画像

配置で整列させた場合
配置で整列させた場合の画像

「配置」の使い方(PowerPoint 2013/2016の場合)

①揃えたい画像を選択してください。Shiftキーを押したまま、左クリックすると複数選択ができます。
shiftキーを押しながら選択する

②「ホーム」タブの「配置」をクリックしてください。
ホームタブの配置

③メニューが表示されるので、「左揃え」をクリックすると、左側に揃います。
左揃え

また、「上下に整列」をクリックすると、図が等間隔に並びます。
上下に整列

図が等間隔に並ぶ

レベルアップレベルアップPowerPoint 2016の新機能「デザイナー」を使用する

「デザイナー」とは、デザインアイディアを自動で生成するPowerPoint 2016の新機能(Office365ユーザー向け)です。画像を一枚挿入するだけで、さまざまなデザイン案が表示されるので、とても便利です。
デザイナー画像

デザインのコツ②グループ化する

複数のオブジェクト(文字や図、画像)をアニメーションで表示する場合に便利な機能がグループ化です。グループ化とは、複数のオブジェクトを1つのオブジェクトとしてまとめる機能です。例えば、以下の画像のように、画像の説明文と画像がある場合、ばらばらのオブジェクトにしておくと、移動する時やアニメーションを設定する際に面倒です。そこで1つのオブジェクトとして、グループ化します。すると、配置を決める時に同時に移動できますし、1つのアニメーションを設定するだけで動かすことができます。

「グループ化」する方法(PowerPoint 2013/2016の場合)

①グループ化したいオブジェクト(文字や図、画像)を選択してください。
Shiftキーを押したまま、左クリックすると複数選択ができます。
shiftキーを押しながら選択する

②その状態で(Shiftキーを離してから)右クリックするとメニューが表示されますので、「グループ化」-「グループ化」をクリックしてください。
「グループ化」をクリック

③これでひとつのオブジェクト(文字や図、画像)になりました。
ひとつのオブジェクト

番外編「パワーポイントに音声を追加する」

ここまでは、パワーポイントの機能を紹介してきましたが、パワーポイントにプラスして、ソフトを使用することで、さらにパワーポイントを便利に使うことができます。
そのソフトのひとつとして、「リアルナレーターズ2」をご紹介します。
リアルナレーターズ2は、スライドショーを実行しながら、スライドノートの文章を合成音声で読み上げるソフトです。アニメーションと音声を連動させることができます。
ノート部分を読み上げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする