お電話050-3535-0940

お電話050-3535-0940

[FocusTalk ver.2] 過去のアップデートモジュール リリースノート一覧

以下のリリースノートに記述してある新機能及び不具合修正は、最新版のアップデートモジュール FocusTalk ver.2.0.5 をインストールすることで適用されます。

 

FocusTalk ver.2.0.4 リリースノート

 

FocusTalk ver.2.0.4d リリースノート

●音声合成エンジンがアップデートされ、それに伴い内部処理を見直し、音の発生までのレスポンスが若干向上しました。
●日本語入力時、複数の文節間を左右矢印キーで移動した際に読み上げない、もしくは読み上げが正常でない不具合を修正しました。
●InternetExplorer7にて、IEがもともと持っているCtrl + Enterキーの機能(リンクを新しいタブで開く)が動作しない不具合を修正しました。

 

FocusTalk ver.2.0.4c リリースノート

【追加機能】

●詳細読みについて、田町読み辞書の非漢字部分が更新されました。
●1文字読みユーザ辞書の追加・編集時に、読みの部分にスペース文字を 使用できるようにしました。

【不具合修正】

●マウスカーソル読み上げ機能にて、マウス位置強調表示をオンの状態で 長時間使用すると、表示がおかしくなる不具合を修正しました。
●マウスカーソル読み上げ機能にて、マウス位置強調表示をオンの状態で マウスカーソル読み上げ機能をオフにすると、強調表示枠が残ってしまう 不具合を修正しました。
●InternetExplorerの仮想カーソル位置の強調表示機能にて、全文読みを 行った際の強調表示がおかしくなる場合がある不具合を修正しました。
●InternetExplorer6にて、メニューの「お気に入り」の中でアプリケーション メニューより「名前の変更」を選択して表示された画面でエディットボックスの 読み返しが出来ない不具合を修正しました。
●「押されたキーを読む」の設定をオンにした時、ファンクションキーの 読み上げが正常に行われない不具合を修正しました。
●エディットボックスにフォーカスがある状態でアプリケーションキーを押した際に表示されるポップアップメニューにて、上下矢印キーを押すと メニューでは無くエディットボックスの文字を読み上げてしまう不具合を 修正しました。
●Excelのセル編集時、Ctrl + Alt + Gキーで1文字フォネティック読みを 行えるようにしました。
●Excelのセル編集中にエンターキーにて確定し、自動的に隣のセルに移動したときに 次のセルの内容を読み上げるようにしました。
●かな漢字変換時の読みの設定にて、ローマ字入力字の読み上げ方法を 「キーエコーのみ」に設定している時に、ワードパッドでローマ字入力を行うと 1つ前に押されたキーを読み上げる不具合を修正しました。
●スタートメニューの項目のうち、名前がアルファベット以外で始まる項目の場合に アクセラレータキーを正常に読み上げない不具合を修正しました。
●画面にタイトルが入っていないメッセージボックスが表示された際に、画面内の テキストを全文読みしない不具合を修正しました。
●スタートメニューやデスクトップ上にあるショートカットアイコンのプロパティにて、 「ショートカット」タブ内の「ショートカットキー」の設定項目を正しく読み上げる ように修正しました。
●IEにて、正常に読み上げないサイトを読み上げるようにしました。
例:http://www.hmv.co.jp/news/article/809050196
●日本語入力オン(IMEオン)の状態で、Shiftキーを押しながらアルファベット大文字を 入力して確定すると、冒頭に「全角ひらがな」と読み上げてしまう不具合を 修正しました。
●JukeDoXをFocusTalkと併用した際、JuleDoXの読み上げ速度を上げる ショートカットキー(Ctrl + Shift + G)のキーが使用できない不具合を修正しました。
●MMメール2での下記の不具合を修正しました。
・矢印キーでのフォネティック読み設定を行ってもフォネティック読みをしない
・記号の読みの設定を行っても記号の読み上げをしない
・メールリスト一覧にフォーカス移動した直後、選択された行を読み上げない
●マウスカーソル読み上げ機能にて、マウス位置強調表示をオンの状態で長時間使用すると、表示がおかしくなる不具合を修正しました。
●マウスカーソル読み上げ機能にて、マウス位置強調表示をオンの状態でマウスカーソル読み上げ機能をオフにすると、強調表示枠が残ってしまう不具合を修正しました。
●InternetExplorerの仮想カーソル位置の強調表示機能にて、全文読みを行った際の強調表示がおかしくなる場合がある不具合を修正しました。
●InternetExplorer6にて、メニューの「お気に入り」の中でアプリケーションメニューより「名前の変更」を選択して表示された画面でエディットボックスの 読み返しが出来ない不具合を修正しました。
●「押されたキーを読む」の設定をオンにした時、ファンクションキーの読み上げが正常に行われない不具合を修正しました。
●エディットボックスにフォーカスがある状態でアプリケーションキーを押した際に表示されるポップアップメニューにて、上下矢印キーを押すとメニューでは無くエディットボックスの文字を読み上げてしまう不具合を修正しました。
●Excelのセル編集時、Ctrl + Alt + Gキーで1文字フォネティック読みを行えるようにしました。
●Excelのセル編集中にエンターキーにて確定し、自動的に隣のセルに移動したときに次のセルの内容を読み上げるようにしました。

 

FocusTalk ver.2.0.4b リリースノート

【機能追加】

マウスカーソル読みの強調表示枠の形を変更する設定を追加しました。(枠の角を丸くする、または通常の長方形)

InternetExplorerにて、以下の連続読み上げを行っている途中でCtrl + Pauseキーを押して音声を停止すると、仮想カーソルがその場所に移動するようになりました。その場所から上下矢印キーなどで自由に移動することができます。また、以下の連続読み上げを行っているとき、仮想カーソル位置の強調表示をオンにしますと、現在読み上げている場所が強調表示されるようになりました。
・ページ読み込み完了直後の全文読み上げ
・Alt + 下矢印キーによる、現在の仮想カーソル位置からページの最後まで読み上げ
・Alt + 上矢印キーによる、ページの先頭から現在の仮想カーソル位置まで読み上げ
・右矢印キーによる、前方スキップ移動読み上げ
・左矢印キーによる、後方スキップ移動読み上げ
・Ctrl + Shift + Zキーによる、ページ全体の再読み上げ
・F5キーによる、ページの再読み込み

※ Ctrl + Pauseキー以外での読み上げ中断(Ctrlキーや上下矢印キーなど)の場合は、従来と同様の動作になります。

WZエディタ ver.5の読み上げマクロ「DMWin」がインストールされている環境にて、FocusTalkにてWZエディタが読み上げ可能になりました。

WZエディタ ver.6 プレリリース版に暫定対応しました。

日本語入力の変換候補を選択中、Unicode文字を選択した時には、Unocodeのコードを16進数で読み上げるようにしました。(主にWindowsVista環境)

【不具合修正】

●InternetExplorerにて、見出しとリンクが一緒になっている項目に移動すると、その先に存在しないエディットボックスを読み上げてしまう不具合を修正しました。

●InternetExplorerにて、リンクが大量に含まれるWebサイトを開いた際にパフォーマンスが低下する不具合を修正しました。

●InternetExplorerにて、ダウンロードが最後まで完了しない状態が長く続いた場合、一定時間後に強制的にページ読み上げを行うようにしました。

●InternetExplorerにて、Webページによってはリンクが文字で書かれているにも関わらずURLで読み上げてしまう場合がある現象を回避しました。

●InternetExplorerにて、リンクの中にボタンが置かれているような構造になっている部分が読み飛ばされてしまう不具合を修正しました。 例: https://club.panasonic.co.jp/Auth/portal_login.html のログインボタン

●InternetExplorerの全文読み及びスキップ読みにて、途中で無音文字(主に記号)があると、そこで読み上げが停止してしまう不具合を修正しました。

●Windows Messengerにて、着信したチャットの内容をリアルタイムで読み上げない不具合を修正しました。

●記号読みの設定がオンの状態にて、文章によってはスペース文字を読み上げない不具合を修正しました。

●ユーザ辞書編集画面にて、編集中の状態で画面を閉じようとした際に表示される保存確認メッセージで「はい」を選択しても保存されない不具合を修正しました。

●日本語入力がオンの状態で代替キー機能が正常に動作しない不具合を修正しました。

●エクスプローラーまたはInternetExplorerのメニューから「お気に入り」をマウスでクリックした際に「スタートメニュー」と読み上げてしまう現象を修正しました。

●Excel2007にて、並べ替え画面のコンボボックスの読み上げを行うと、1つ前に選択された項目を読み上げてしまう不具合を修正しました。

●Word本文を読み上げ途中でCtrlキーを押して音声停止すると、テキストカーソル追従機能が原因でキャレットが文頭に移動してしまう不具合を修正しました。また、テキストカーソル追従機能は、Ctrlキーでの音声停止では動作せず、従来通りCtrl + Pauseキーにて動作するようにしました。

●その他、細かい不具合修正を行いました。

 

FocusTalk ver.2.0.4a リリースノート

【機能追加】

AdobeAcrobat9, AdobeReader9に対応

マウスカーソル読みの機能を強化(弱視・高齢者の方に対しての機能強化)
・マウスカーソル読みのみ行う設定が可能になりました。

・マウスカーソル読みにて読み上げた箇所の強調表示設定を追加しました。

画面内のテキスト情報の順次読み上げ(Ctrl + 上下矢印)の機能を強化しました。
これにより、キーボード操作にて画面内にあるテキスト情報のほとんどを読み上げられるようになります。Tabキーなどで移動できないようなエリアのテキストの読み上げも可能です。

画面内のテキスト情報読み上げ(Ctrl + 上下矢印)を使用したい場合のショートカットキー
Ctrl + Alt + F9 キーでON・OFFの切り替え

更に、Ctrl + 上下矢印キーで読み上げた後、Ctrl + 左Windowsキーを押すことで読み上げた箇所をマウスの左クリックと同等の操作、Ctrl + 右Windowsキーにて読み上げた 箇所をマウスの右クリックと同等の操作が行えるようになりました。 Ctrlキーを押しながら、素早く左Windowsキーを2回押すことで、ダブルクリックも 再現できます。

Ctrlキーにて音声停止機能を追加しました。

1文字読みに使用する田町読み辞書が新しくなり、第2水準の漢字の読みが追加 されました。

テキスト版オンラインマニュアルを章ごとに別ファイル化しました。

Wordの履歴情報を下記のように変更しました。 
・変更履歴情報の読み上げCtrl + Shift + R
範囲選択をしている場合…範囲内の変更履歴を全て読み上げ
範囲選択をしていない場合…現在の位置から下方向に最も近い履歴に移動し読み上げ
・変更履歴情報の読み上げCtrl + Shift + Alt + R
範囲選択をしている場合…範囲内の変更履歴を全て読み上げ
範囲選択をしていない場合…現在の位置から上方向に最も近い履歴に移動し読み上げ

コメント情報読み上げの機能を、下記のように変更しました。
・コメント情報の読み上げCtrl + Shift + C 

範囲選択をしている場合…範囲内のコメントを全て読み上げ
範囲選択をしていない場合…現在の位置から下方向に最も近いコメントに移動し読み上げ
・コメント情報の読み上げCtrl + Shift + Alt + C 
範囲選択をしている場合…範囲内のコメントを全て読み上げ
範囲選択をしていない場合…現在の位置から上方向に最も近いコメントに移動し読み上げ
これにより、文章の先頭にキャレットがある状態で、Ctrl + Shift + Rを押すたびに、 変更履歴を上から順番に辿ることが可能になります。 (従来の読み上げ方法では、一度、テキストを選択状態にしないと動作しないという 仕様でしたので、利便性が向上しました。)

InternetExplorerにて、見出しタグ、リストタグ、フォントタグなどの読み上げ タイミング(前か後か)の切り替えが可能になりました。
設定画面にて設定変更可能。(「タグ情報+内容の順番で読み上げる」チェック)

その他、読み上げに関して下記の細かい調整をしています。
・.NETで作成されたリストビューコントロールの読み上げ方法を調整しました。
・リストボックス、またはリストビュー、コンボボックスにて、最上端/最下端が 選択されたときのガイドを追加しました(「上端」or「下端」と読み上げ)
・Officeのリボンのタブ読み上げ時に、付加されているショートカットキーも 読み上げるようにしました。
・Skypeのプロフィール編集画面などのエディットボックスやコンボボックスに フォーカスが移動した際、左側のテキストを読み上げるようにしました。

【不具合修正】

●メモ帳などで日本語オン/オフが二度読まれてしまう不具合を修正しました。

●JukeDoXにて、プレイリストの項目を上下矢印キーにて移動した際、 「コマンドプロンプト オープン」と読み上げてしまう現象を回避しました。

●InternetExplorerの見出しタグ判定ロジックを修正、見出しタグの認識率が向上 しました。

●InternetExplorerにて、サイトの構造上、リンクタグの中にさらにHTMLタグが 入れ子になっているようなサイトを正しく読み上げるように対処しました。

●WordやExcelなどのアプリケーションにて、日本語入力時にローマ字入力で「lya」と 入力した際、「ゃ(小さい”や”)」と読み上げない不具合を修正しました。 また、「fo」と入力した際に「ふぉ」と読み上げない不具合を修正しました。

●パスワード入力のエディットボックスにフォーカスがある状態で、Tabキーで 別の場所にフォーカスを移動させたときに、「アスタリスク」と読み上げてしまう 場合があるのを修正しました。

●IE7にて、お気に入りをアプリケーションキーから「削除」を選択した場合、 その時に表示される削除確認のメッセージを読み上げない不具合を修正しました。 (正確に言えば、後からの読み上げでかき消される現象を修正)

●WindowsVistaにて「ファイルを開く」コモンダイアログの中で一部のドロップダウン メニューを使用すると、それ以降読み上げが出来なくなる現象を回避しました。

●FocusTalk起動中にCtrl + Shift + F6を押してもFocusTalk設定画面が表示されない 不具合を修正しました。

●ウィンドウを開いた際、アプリケーションによってはタイトルバーのテキストを 読み上げない現象を修正しました。(Word2007、秀丸などが該当します。)

 

FocusTalk ver.2.0.3 リリースノート

 

FocusTalk ver2.0.3 リリースノート

(1)InternetExplorer関連

●見出しタグ(<H1>~<H6>)への対応 ・仮想カーソル移動時、その位置が見出し項目の場合には「見出し○」という読み上げを付加(○の値は1~6)
・仮想カーソル移動時の「見出し○」読み上げ付加のON/OFF(設定画面の「見出しタグ情報を付加して読む」チェック)
・見出しタグへのジャンプ機能
ショートカットキー … 前方向:PageDown 後方向:PageUp

●リストタグ(<LI>)への対応 ・仮想カーソル移動時、その位置がリスト項目の場合に「リスト項目○分の△」という読み上げを付加しました。
・仮想カーソル移動時の「リスト項目 ○分の△」読み上げ付加のON/OFF設定
(設定画面の「リストタグ情報を付加して読む」チェック)

●フォントタグ( < B> > etc.)への対応
・仮想カーソル移動時、フォントタグ情報の読み上げを付加以下のタグに対応しました。

<b> 太字
<del> 取消線
<s> 取消線
<strike> 取消線
<em> 強調
<strong> 強調
<i> 斜体(イタリック)
<ins> 内容追加
<u> 下線
<sup> 上つき
<sub> 下つき

・仮想カーソル移動時のフォントタグ情報の読み上げ付加のON/OFF設定 (設定画面の「フォントタグ情報を付加して読む」チェック)

●ショートカットキー追加

Ctrl+Shift+右矢印 1つ下のテキスト項目へ移動
Ctrl+Shift+左矢印 1つ上のテキスト項目へ移動

●ページダウンロード完了後の全文読みON/OFF機能の追加 (設定画面の「ページのダウンロード完了後、全文読みをするチェック」)

●「ダウンロード中」読み上げON/OFF機能の追加 (設定画面の「ページのダウンロード中メッセージを読み上げる」チェック)

●仮想カーソル位置の背景色変更精度の向上 ※ 但し、サイトの構造上、正しく背景色が変更されない場合があります。

●仮想カーソル位置の枠表示の画面スクロールが追従するように改良しました。

●マウスカーソル読み上げにて、リンクにマウスカーソルを当てた場合、名前の後にURLを読み上げてしまうのを、名前のみ読み上げるように修正しました。

●マウスクリックを使用しないと操作が不可能なボタンやリンクでも、Enterキーで操作が可能になるように改良しました。 (Yahoo!動画の動画再生部分などが対象)

●仮想カーソルがIE画面の外に移動した場合、画面が自動的にスクロールしてその項目が画面上に表示されるように改良しました。

●仮想カーソル位置が末端にある状態で、キー操作でさらにその先に移動しようと した場合には「ページの終端です」「ページの先頭です」と読み上げるように しました。

● キーワード検索にて、ヒットする項目が見つからなかった場合には、「キーワード含む項目がみつかりませんでした」と読み上げるようにしました。

● マウスカーソル読み上げにて、Web上の空白部分にカーソルが移動した際には 何も読み上げないようにしました。
(従来では、IEのタイトルバーのテキストを繰り返し読み上げていました。)

●仮想カーソル位置の枠表示機能にて、FocusTalk終了時に稀に残ってしまう現象を改善

●Webページ内のリストボックスにて、選択不可能な項目を含むパターンの リストボックスに対応できるように改良しました。
サンプルサイト: http://www.asahi-net.or.jp/~ev7a-ootk/time/time_02.htm 「格安航空券検索」の”出発地”リストボックスなど

●Flashコンテンツ読み上げロジックを変更 リアルタイム性のあるFlashコンテンツにもある程度対応できるように改良しました。
サンプルサイト : http://jp.fujitsu.com/about/kids/yumekata/

(2)Microsoft Word
●文章を1文字読みの際、テキストカーソルが画像に移動した場合に、画像の代替テキストを読み上げるように改良しました。

●文章内の選択された範囲の履歴情報を読み上げるショートカットを追加
ショートカットキー:Ctrl + Shift + R (文章が選択されていない場合には、テキストカーソル位置の履歴情報)

●文章内の選択された範囲のコメント情報を読み上げるショートカットを追加
ショートカットキー:Ctrl + Shift + C

(3)Microsoft Excel
●F2キーでセル編集モードになった際、「セル編集開始」と読み上げ、その後、セルの内容を読み上げるように改良しました。数式であった場合も、その数式を読み上げます。

(4)対応アプリケーションの追加
以下のアプリケーションに対応しました。
・宛名職人2007,2008
・Winbiff
・Viewing for 95Reader
※ 宛名職人については、マニフェストファイルを適用しなくても、エディットボックスの読み返しが正常に行えるように改良しました。

(5)FocusTalk全般
●メモリアクセス違反などのエラーメッセージウィンドウを読み上げるように改良しました。

●.NETアプリケーションの読み上げを強化。
・メッセージボックスが表示された場合の画面内のテキスト読み上げ
・リッチエディットコントロールでの読み返し

●ツールチップ(ポップアップヘルプ)を読み上げるように改良しました。
また、ツールチップおよびバルーンヒントの読み上げON/OFF設定を追加。(設定画面の「ツールチップ、バルーンヒントを読み上げる」チェック)

●FocusTalk最新バージョンのチェック機能を追加しました。
メニューの「ヘルプ」から「最新バージョンの有無を確認」を選択すると、現在お使いのFocusTalkよりも新しいバージョンのものがある場合、メッセージを表示します。

●最新版チェッカーをヘルプメニューに追加しました。

●なめらか読み/1文字読みユーザ辞書編集画面を使いやすくしました。
・リスト上の項目を複数選択し、「削除」ボタンで一括削除が可能
・リスト上で任意の項目を選択し、Deleteキーで削除が可能(複数選択にも対応)
・リスト上で任意の項目を選択し、Enterキーで編集画面の表示が可能
・リスト上で任意の項目をダブルクリックで編集画面の表示が可能

(6)触覚振動デバイス「TAJODA(タジョーダ):来春発売予定」対応機能を先行搭載。
●TAJODAの振動機能・ボタン・ホイールを使用して、InternetExplorerを簡単に 操作するための機能を新規に追加。追加機能は、下記の通り。

(a)振動機能 InternetExplorerをTAJODAのマウス機能にて操作時、マウスカーソルの位置が 画像領域に入った、または画像領域から出たときに、振動をします。
(b)キーエミュレート機能 TAJODAの各種ボタンにはキーボードの各種キーを割り当ててあり、片手で InternetExplorerの操作を行うことが可能です。以下のような操作が片手で行えます。
・左上SW・左下SW
・Wheel回転(前方向)
・Wheel回転(後方向)にて、IEでの仮想カーソルの移動
・Wheel押し込みにて、リンク先へ移動
・右SWにて、前のページへ移動

補足:タジョーダとは。視覚障害者向けの音声・触角情報の表示装置で、スクリーンリーダーを、より直感的に操作するためのインターフェースです。 従来のマウスに似た形状をしていますが、音声の読み上げの個所を親指位置のホイールボタンで操作できるほか、人差し指が当たる部分には振動子が配置されており、画面情報等を振動により(指に)感覚的に伝えます。東京大学先端科学技術研究センター伊福部先生の研究プロジェクトの成果を 株式会社TGが製品化し、2008年春に発売を予定しています。スカイフィッシュは、上記研究プロジェクトに参加をしており、フォーカストーク はタジョーダに対応した唯一のスクリーンリーダーとなります。

不具合修正
●Vistaにて、ユーザ辞書ファイルの権限不足により保存が出来ない不具合を修正(なめらか読み・1文字読み両方)
●リンクコントロールを2度読みしてしまう不具合を修正
●マウスカーソル読み機能にて、IEの画面がスクロールしたときに、カーソル下の文字を読み上げてしまう不具合を修正
●「グループ名を付加して読む」機能がONになっていると、アプリケーションが エラーを起こす場合が稀に発生する不具合を修正
●音声の設定「高さ」を「コウサ」と読み上げてしまう不具合を修正
●インストールされているWindowsMediaPlayerのバージョンが8以下の場合、FocusTalkが起動できない不具合を修正。
●WindowsVistaにて、ツリービューが画面上に表示されていないにも関わらず、起動直後などで「ツリー 縮小」と余計な読み上げをしていた現象を回避
●IME(TSF:テキストサービスがONの状態)にて、日本語変換時に変換候補 ウィンドウが表示されていない場合には、従来のIMEと同様、入力文章すべてを 1文字読みするように修正。また、左右矢印キーにて変換文節が切り替わった際にも、従来のIMEと同様、選択された変換文節を読み上げるように修正

他、安定性・動作パフォーマンスを更に向上させています。

 

FocusTalk ver2.0.3a リリースノート

(1)新機能
●なめらか読み時、記号の読み上げがオンの場合にはスペースを読み上げるようにしました。

●音声出力のロジックを見直し、音の立ち上がりが従来に比べて若干向上しました。

(2)不具合修正
●InternetExplorerにて、テキストボックスウィンドウを表示した後、Alt+Tabキーで別のウィンドウに移動すると、元のInternetExplorerのタスクに戻ることが出来なくなってしまう不具合を修正しました。

●InternetExplorerにて、見出しタグ関連の処理において、サイトによってはエラーが発生してしまう不具合を修正しました。

●InternetExplorerにて、Tabキーなどでリンクにフォーカス移動が強制的に出来ないWebページをFocusTalkで読み上げさせようとした場合、カーソル移動が非常に困難な状態となる現象を回避するよう修正しました。

●日本語入力時、未確定状態でF7キーやF10キーなどで変換を行った後に通常の文字キーを押して入力を行うと、前の未確定文字が確定せずに消えてしまうことがある不具合を修正しました。

●日本語変換時にBackSpaceやEscキーを押して入力をキャンセルして入力内容が全て消去された際、「消去」と読み上げるように改良しました。(テキストサービスがオンの状態の場合)

●Excel,PowerPoint,Windowsメール上で日本語入力を行おうとすると、キー入力のたびに、現在未確定の文字を全て読み上げてしまう不具合を修正しました。

●日本語入力の途中、BackSpaceキーで最後尾以外の文字を削除しようとした際、削除した文字を読まずに最後尾の文字を読み上げていた不具合を修正しました。

●WindowsVistaにて、リンクコントロールを読み上げなくなっていた不具合を修正しました。

●Office2007にて、AltキーでRibbonコントロールに移動したときに「タブ ホーム」と読み上げなくなっていた不具合を修正しました。

●Office2007にて、Altキー、左矢印キー、下矢印キーと押してOfficeメニューに移動した際、1番目のフォーカスが当たる場所を正常に読み上げない不具合を修正しました。 (「新規作成」を「名前なし」と読み上げてしまうなど)

●Winbiffのメール一覧リストの読み上げが正常に行われない不具合を修正しました。

●.NETアプリケーションにて、エディットボックスにフォーカスがある状態で、Altキーを押してメニューに移動し、左右矢印キーでメニュー項目を移動しようとすると、エディットボックスの読み返しが行われてしまう現象を回避するよう修正しました。

 

FocusTalk ver2.0.3b リリースノート

不具合修正
●ピリオドが含まれている文章をなめらか読みした場合に、ピリオドまでの部分を二度読みしてしまう場合がある不具合を修正しました。

●一部のメニュー項目を二度読みしてしまう不具合を修正しました。

●InternetExplorerにて、テーブル内にラジオボタンがあるようなWebページの場合、仮想カーソル移動時にそこがラジオボタンであることが音声にて解説されない不具合を修正しました。

 

FocusTalk ver.2.0.2 リリースノート

 

FocusTalk ver.2.0.2 及び ver2.0.2a リリースノート

●Excel読み上げ機能を大幅に強化
ショートカットキーで下記の読み上げができるようになりました。
・オブジェクト(セルに貼り付けた、図形やワードアート)の内容や、数の読み上げ
オブジェクトの中にテキストが入っている場合、その内容も読み上げます。
・オブジェクトジャンプ機能
オブジェクトの項目に順次カーソルが移動し、その内容を読み上げます。
・コメントの読み上げ
・データの入っている最大セル番地の読み上げ
どの行または列までデータが入っているか確認することが出来ます。
・セルの値が、計算式で求められた内容かの読み上げ
計算式で求められたセルの値の場合、セルの値を読み上げた後、「数式あり」 と読み上げます。

・大好評の、項目読み(※1)の強化
・セルが結合されているヘッダの読み上げ
・設定のON/OFF機能
・登録済みヘッダーの削除機能

(※1)項目読みとは、 例えば、列に鈴木、田中、山田・・・、行に国語、数学、理科・・・といった項目が あり、それぞれの各セルに点数が入っていたとします。(田中さんの国語が80 点だとして)80のセル上で、この機能を使えば、田中、国語、80、と読み上げる事が出来る機能です。

●マウス読み上げ機能の強化
・従来、マウスカーソルを当てても読み上げていなかった部分まで読み上げるようになります。
例えば、Internet ExplorerやFirefoxのテキスト部分なども、マウスカーソルを当てるだけで読み上げます。

今まで読み上げなかった情報を読み上げるようになっているため、 フォーカスの移動が出来ないアプリケーションでも、マウスポインタの座標読み上げ機能を活用し、マウス位置をイメージしながら操作できる可能性が高まりました。
※アプリケーションの構造によっては、読み上げない場合がございます。

●テキスト録音にて、出力ファイルフォーマットがWAVファイルのほかにWMA、MP3にも対応 
・WMA/MP3の場合、変換ビットレートの選択も可能となります。
・MP3の変換は、別途、エンコーダの入手が必要となりますのでご注意下さい。

●Internet Explorer読み上げ機能の強化
・ショートカットキーで下記の読み上げができるようになります。
・現在の仮想カーソル位置を登録(ブックマーク)
・仮想カーソルを登録(ブックマーク)した場所へ移動
・登録(ブックマーク)した位置から現在の仮想カーソル位置までの範囲のテキストをクリップボードにコピー

●連続記号文字の省略読み 
・メールの署名部分などにある、記号文字が6個以上連続している場合には、省略形で読み上げる機能を追加します。
例えば、「==========」という行を読んだ場合、「イコールかける10」と読み上げます。

●IME読み上げの機能強化
・同音異義語などで、変換候補ウィンドウの右側に出てくるポップアップ ウィンドウ内の内容を読み上げます。(IME2003のみ対応、IME2007は未対応 です)
・変換時に、1文字読みとなめらか読みを切り替えるショートカットキーを追加します。

●管理者権限で起動されたアプリケーションの読み上げ 
・管理ツールなど、管理者権限で起動するアプリケーションを、「管理者権限で起動」でFocusTalkを起動させなくても読み上げるようになります。

●パスワードフィールドの読み上げ設定の追加(セキュリティの向上) 
・読み上げ全般設定に、パスワード入力の読み上げ設定のチェックボックスを用意しました。
例えば、パスワード入力の読み上げのチェックが入っていない場合、「アスタリスク」と読み上げるため、スピーカー等で使用している場合でもパスワード内容が漏れる事がありません。

●エディットボックス読み上げ機能の強化 
・ショートカットキーで下記の読み上げができるようになります。
・行頭からカーソル位置まで読み上げ
・カーソル位置から行末まで読み上げ
・1行読み上げ
・非漢字の1文字読みで、簡易読みと詳細読みの切り替え
・カーソル位置の1文字フォネティック読み
※いずれもショーカットキーを用意しています。

●日付推測読みの精度を向上
・ハイフンで区切られている数字を、電話番号か日付かの判別精度が向上しました。

●スペル読み機能の追加
・URL記号読み上げ設定時にアルファベットをスペル読みする機能を追加します。

●PowerPointでノート部分の読み返しを強化
・ノート部分で上下矢印キーを押したときに、1行読みができるようになります。

●外部公開APIの数が約4倍に増加(開発ベンダー様向け機能)
・外部のアプリケーション側から、FocusTalkをより細かく制御することが可能になりFocusTalkに対応したアプリケーションがさらに増えることが期待されます。

仕様変更について
●URL/E-Mailアドレススペル読み機能の「URL/Emailスペル読み」を「記号読み」に変更しました。
●なめらか読み・1文字読みユーザ辞書編集画面に、編集中にEscキーや×ボタンで画面を閉じようとした場合に保存確認のメッセージを表示するように変更しました。

不具合修正内容について 
●Ctrl + Alt + Hキーで、カーソル位置の文字を「簡易読み」から「詳細読み」 に修正しました。
●なめらか読みユーザ辞書に大量の単語を登録すると、編集時にパフォーマンス が著しく低下する不具合を回避しました。
●Excel2007にて、列の番地が3桁になると正しく読み上げない不具合を修正しました。
●PowerPointのテキストオブジェクトにて、複数行の状態・行頭にカーソルがある状態で上下矢印キーで1行読みを行っているときに、1番先頭の行に移動すると「空行」と読み上げてしまう不具合を修正しました。
●ログオン画面やユーザアカウント制御の画面で、ユーザ認証を促す画面が表示 されてしまう不具合を修正しました。
●テキスト録音時、メモリ開放が行われず、録音を行うたびに大量のメモリを消 費していた不具合を修正しました。
●WindowsVista環境にて、VoicePopperやMMメールのメール本文読みが正しく動作しない不具合を修正しました。
●スタティックテキストが付加されていないテキストボックスやコンボボックスにフォーカスを移動させると、コントロール名の前に意味不明な音声が出力される場合がある不具合を修正しました。
●テキストサービスが有効の状態、および、WindowsVistaでの日本語入力にて、例えば「S」「H」「I」と入力すると、本来は「し」と読み上げるところを「S」と読み上げてしまう不具合を修正しました。

【以下ver2.0.2からver.2.0.2aの変更点
●WindowsVista環境にて、倍速モードを2倍速以上に設定すると、読み上げた音声の最後が2重に聞こえてしまう不具合を修正しました。
●Word2003/2007にて、BackSpaceキーでの連続文字削除を行う際、2文字目以降の削除文字を読み上げない不具合を修正しました。
●パスワード入力エディットボックスにフォーカス移動した際、エディットボックスの内容を必ず読み上げてしまっていたため、プロパティ画面の設定に準じた動作になるように修正しました。
●オフライン認証ダイアログにて、「住所」に200バイト以上、または「電話番号」に20バイト以上入力して文字数制限の警告メッセージが出た後、メッセージを閉じるとフリーズしてしまう不具合を修正しました。
●テキストサービスOFFの状態でのIME2003で辞書詳細読みができていなかったため、読み上げるように修正しました。
●音声を3倍速モードまたは4倍速モードにした状態で外部公開関数FT_ChangeSoundModeを実行すると2倍速モードに切り替わってしまう不具合を修正しました。
●マウスカーソル読み上げ機能の安定性が向上しました。
●IE7にて、仮想カーソル位置の枠表示の設定がONの状態で、Flashコンテンツのリンク移動を行うと、それ以降のページでキー操作が行えなくなる場合が  ある不具合を修正しました。
●サウンドデバイスが全く無い環境にてFocusTalkを起動すると、FocusTalkが応答なしの状態になる不具合を修正しました。
●IE7にて、仮想カーソル位置の枠表示の設定がONの状態で、Flashコンテンツ  のリンク移動を行うと、それ以降のページでキー操作が行えなくなる場合が  ある不具合を修正しました。
●サウンドデバイスが全く無い環境にてFocusTalkを起動すると、FocusTalkが応答なしの状態になる不具合を修正しました。
●FocusTalkが起動中、Ctrl+Shift+F6キーを押すと、本来はFocusTalkが アクティブになるはずが、内部で使用している見えないウィンドウが勝手にアクティブになり、一見何も起きていないような状態になる不具合を修正しました。

その他、安定性・動作パフォーマンスが更に向上しました。

 

FocusTalk ver.2.0.1 リリースノート

 

FocusTalk ver.2.0.1 リリースノート

テキスト録音機能
・メールアドレスとホームページアドレスのスペル読みの機能が有効になるようにしました。
・文章入力エディットボックスにてCtrl+Aで全文選択ができるようにしました。
・文章によっては保存したWAVEファイルに雑音が入ってしまう現象を回避しました。
・何らかのアプリケーションで再生中のファイルを保存先に指定すると、テキスト録音処理が終了しない不具合を修正しました。

リッチエディットコントロールの読み上げ
・フォーカス移動時に内容を読み上げない場合がある不具合を修正しました。

WindowsMediaPlayer

・フォーカス移動で一部読み上げない不具合を修正しました。

Excel

・記号の読み上げを有効にした状態で、セルの読み上げを行うと「テン」と読み上げてしまう不具合を修正しました。

PowerPoint2007

・タブキーでスライド内の項目を移動した際、内容を読み上げない場合がある不具合を修正しました。

IME2007

・変換候補ウィンドウ内にある「単漢字」「人名地名」という候補項目にフォーカスを移動させた際、二重読みをしていた不具合を修正しました。

InternetExplorer

・Windows Vista環境にて、Ctrl+PauseなどのFocusTalkオリジナルショートカットキーが動作しない不具合を修正しました。

その他

・倍速モードの設定をした状態(2倍速、3倍速、4倍速)でFocusTalkを使用し続けると、動作が不安定になる不具合を修正しました。
・「コンピュータの管理」や「デバイスマネージャ」など、一部のメニュー項目を読み上げない不具合を修正しました。
・メモ帳などで使用されているヘルプ画面にて、上下矢印キーでリスト項目を移動した際に「行末」と読み上げてしまう不具合を修正しました。
・オンラインユーザ認証の処理を見直し、認証の精度が向上しました。
・WindowsVista環境にて、外部公開APIが使用できない場合がある不具合を修正しました。
・WindowsVistaのスタートメニュー(クラシックスタイル)にて、プログラムメニュー内のサブメニューのある項目で「サブメニューあり」と読み上げない不具合を修正しました。
・コントロールパネル内で、いくつかの機能が読み上げない不具合を修正しました。
・日付/時間推測読み機能にて、全角文字にも対応しました。
・読み返しが可能なエディットボックスの種類が増えました。
・マイクロソフトのランタイムライブラリ(MSVCR80.DLL)がインストールされていない環境では外部公開関数が使用できない不具合を修正しました。(VoicePopperやMMメールなどのFocusTalk対応アプリケーションで読み上げが行われない不具合を修正)
・その他、細かなバグ修正を行いました。